Dual Degrees / Joint Programs

Erb Institute

Erb InstituteはSchool of Natural Resources and Environment とRoss School of Businessの双方により運営されているinstituteです。グローバルなSustainabilityのためにどのように人間、エコシステム、そして経済活動を結び付けていくかについての研究に加え、プロフェッショナル教育、スカラシップによるサポートなどを行っています。またErbに所属することにより、Sustainabilityに関連した仕事についてのキャリアサービス、インターンシップ、フルタイムの機会を得ることができます。Erb InstituteでのDual degreeは非常に人気の高いプログラムとなっており、現在クラスの約10%がErb Dual degreeとなっています。Dual degree取得には3年間を要し、通常のMBAに必要な単位が57単位であるのに対し、77単位の取得が求められます。もちろんErb Instituteで提供されている授業は通常のMBAプログラムの学生も受講することが可能です。
Erb InstituteでのDual degree programを希望する場合、通常のMBAプログラムとは別にSchool of Natural Resources and Environmentへのアプリケーションが必要となり、両方に合格する必要があります。また数は多くありませんがMBAプログラム一年終了後にDual degreeに変更することも可能です。
Erb InstituteでのDual degreeについて、詳しくは下記サイトを参照ください:
http://www.bus.umich.edu/Academics/SpecialPrograms/DualDegrees/Natural-Resources.htm
http://www.erb.umich.edu/Education/Masters/MBA-MS/

Erb Instituteについて詳しくは下記サイトをご参照ください。
http://www.erb.umich.edu/

Tauber Institute / Operations Excellence

Tauber Instituteは、Stephen M. Ross School of BusinessとSchool of Engineeringが共同で設立したジョイントプログラムであり、製造業のグローバルオペレーションやSCMにビジネスとエンジニアリングの双方の知見を持ってリーダーシップを発揮することのできる人材の育成を目的としています。カリキュラムとしては、ビジネススクールのオペレーション系Electiveの履修に加え、School of EngineeringのElectiveからも一定単位以上の履修が義務付けられるとともに、Tauber Team Projectという14週間の実地研修にビジネス・エンジニアリングの混成チームで取り組むことが必要とされます。将来製造業での就職を希望する学生に加え、コンサルティング会社への就職のために当該分野での知見を深めたい学生やGeneral Managementの観点から幅広い経験を積みたいと考える学生等が参加しています。当該プログラムの履修により、MBA/MEng (Master of Engineering in Manufacturing) もしくはMBA/MSE (Master of Science in Engineering)のDual Degreeを取得することが出来ます。

Tauber について詳しくは下記サイトをご参照下さい。
http://www.tauber.umich.edu/

ZLI

Samuel Zell & Robert H. Lurie Institute for Entrepreneurial Studiesは将来のリーダーとなる起業家育成を行っているプログラムです。全部で20以上の起業に関連した選択科目を提供しています。特にDual degreeやCertificateが得られるわけではありませんが、何と言っても最も魅力的な点は、学生がZLI独自のファンドを運営できる点にあります。ファンドの例としてはWolverine Venture Fund、 Frankel Commercialization Fund、Social Venture Fund などがあり、それぞれスタートアップ企業、pre-seed段階の企業、社会貢献を目的とした企業への投資をサポート教員、プロの起業家や投資家からなるAdvisory boardと一緒に行います。これらのプログラムは人気が高く、毎年9月に募集が行われますが、その選考過程はインタビューを含むcompetitiveものとなっています。またプログラム自体も年間を通して時間を要する作業、毎週のミーティング等を多く伴うために、日々の授業と並行して進めるにはなかなか厳しいものとなっていますが、それだけに得る物も多く、まさにRossのAction-based learningを体現化したプログラムとなっています(これらのファンドについてはExtracurricular Activities > Student Managed Venture Fundsで詳しくご紹介しています)。

ZLIについて詳しくは下記サイトを参照ください
http://www.zli.bus.umich.edu/meet_zell_lurie/

Real Estate Certificate

MBAと平行しながら取得できる資格として、Graduate Certificate in Real Estate Developmentがあります。こちらはUniversity of MichiganのAlfred Taubman College of Architecture and Urban Planningが中心となっている不動産・都市開発サーティフィケートプログラムです。こちらのCertificateはDual degreeとまでは行きませんが、通常のMBAよりは負担が重いため、多少の覚悟がない限り完了することは厳しいかもしれません。ただし、MBAのみよりは差別化できるため、不動産開発や都市開発のキャリアを検討している方にはお勧めです。
不動産開発や都市開発に関連した大変興味深い授業の中から自由に履修することが出来ます。こちらのプログラムはTaubman College of Architecture & Planning、Ross School of Business、及び、Law Schoolの融合プログラムであるため、様々なバックグラウンドや専攻の学生と一緒に受講しますので、MBA以外の世界に触れる良い機会です。また、それぞれの学生は不動産・都市開発に興味があるため、良い刺激になります。 MBAの卒業単位としてダブルカウントできる科目も多く、MBA以外に履修が必要な単位はそれほど多くないのですが、約9単位(4-5科目)を追加で取得する必要があります。更に、MBAの学生であれば、追加の授業料が必要無いため、関心のある授業のみ履修し、途中からCertificateを取得しないと決める学生も多々いるようです。

Real Estate Certificateを取得する7つの理由:
http://www.tcaup.umich.edu/planning/pdfs/seven-reasons_07-08.pdf

授業requirementの紹介:
http://www.tcaup.umich.edu/pdfs/2009_real-estate-req-cklist.pdf

NB Fellowship (New!)

Full-time MBAに私費で留学する日本人向けに、当校OBが奨学金制度を設立しました。

 

詳細はこちらをご覧ください。

Sponsors

株式会社アゴス・ジャパン様
株式会社アゴス・ジャパン様
江戸義塾様
江戸義塾様
アンテロープキャリアコンサルティング株式会社様
アンテロープキャリアコンサルティング株式会社様