Class of 2010

 

勤続

年数

入学時
年齢
現職 職種&志望動機 海外駐在経験
A 9年 32歳 通信会社 全社的な事業計画、収支計画等経営戦略の策定に従事。新事業開発及び投資業務に資する知識の習得を目的に留学。
あり
B 7年 29歳 野村證券
支店にて株式・債券セールス等リテール営業を4年、本社企業金融部にてクライアント企業のM&A・株式・債券発行・IRサポート等インベストメントバンキング業務を3年勤務し、GMBAプログラムに参加。IB業務においても顧客カバレッジの部署のため、基本的には営業マン。株式・債券等に関する調達・販売は双方経験。国際的な業務へのより一層の注力を考えて、MBAを選択。
なし
C 16年 40歳 三菱商事 入社後当初6年間はCIS・中東・アフリカ向けに三菱自工(MMC)製完成車の輸出を担当、その後全社派遣によりスペイン語研修生として南米チリにてスペイン語を習得、グアテマラ、メキシコシテイー等延べ4年間ラテンアメリカでの経験を積む。本社(東京)に戻ってからは化学品グループに異動、機能性食品原料、中でも製菓用Sugar free甘味料のGlobal Marketing & salesを担当(この頃Cadbury製果汁エキス入りガムSplash(欧米)、Jet Splash(日本)の共同開発でも原料納入Supplierの立場からAdviser的役割を果たす)。韓国の大学を卒業後、展開するビジネス毎に韓国語・スペイン語・英語・日本語を駆使する日々を送っており、海外渡航歴も既に60カ国以上。イラク・キューバ・イスラエル・エチオピアやジプチ、またカザフスタンやウズベキスタン等特異な市場でのビジネス経験もあり(特に98年には国連軍爆撃直前のバグダットから命からがら陸路ヨルダン迄脱出した経験もあり)。特に戦略論・組織行動論&リーダーシップ系科目では大いにMichigan大の持つ強みに陶酔している次第 左記参照
D 13年 36歳 三菱マテリアル 入社以来、人事担当として純ドメスティックな仕事に従事。人事の仕事しか分からない自分の将来に危機感を持ち&将来の会社の海外事業展開に役立つ人材戦略立案がやってみたい&単純に海外生活を経験したい!と思い、MBAを志望。短期だけど充実してて、かつマネジメント系に強い学校を探した結果、ミシガンGMBAに巡り合いました
学生時代に3ヶ月、語学留学経験あり
E 10年 32歳 三菱マテリアル 工場研修を経て、国内・海外営業および商品開発一筋で8年ほど過ごしたあと、留学直前の1年半はゴールドトレーダーでした。入社後は海外比率の高い事業部に所属し、海外勤務の機会をずっと楽しみにしていましたが、社内の事業再編で気付けばドメドメの事業部に異動することに。これで英語とは無縁の生活になると思い、日本語の稟議書作成能力に磨きをかけていた矢先、突然留学の機会に恵まれました。
なし
F 5年 28歳 NTTファシリティーズ
財務部にて1年半、全社の収支・資金計画等の財務企画業務を担当後、営業本部プロジェクト開発部にて3年半、不動産の再開発計画の企画コンサル業務に従事。現在、シンガポール支店。ストラテジー・グローバルビジネスへの興味から、ミシガンを志望しました。 なし
G 10年 32歳 三菱UFJ信託銀行 信託銀行で支店営業4年、リテール部門の戦略企画立案3年、システム統合担当2年担当。システム統合を経て会社全体の経営戦略を立案できる言語を身につけたかったためMBAを志望。GMBAを選択した理由は、米国で戦略・マーケティングに強い学校、勤めている企業の派遣制度の期間の制約から1年前後のプログラムを探していたところGMBAに辿り着きました。会社の先輩でGMBAの卒業生から生の声を聞くことができたことも大きかったです。 なし
H 11年 33歳 富士通 金融部門のフィールドSEとして、都市銀行のデリバティヴのディーリングシステムを一貫して担当してきました。General Managerとしての視点を身につけるべくMichiganを志望。期間が短くキャリアへの影響の少ないプログラムであること、企業派遣向けに特化したプログラムであることも考慮し、GMBAを選択しました。 なし
I 6年 28歳 野村證券 地方の支店で富裕層を対象に一貫してリテール営業に従事していました。入社時から当社のPrivate Equity事業に関心があり、MBA留学を通じてキャリアチェンジを図りたいと考え、ミシガンGMBAプログラムに参加しました。 なし
J 6年 29歳 電通国際情報サービス 電通及び電通グループの担当営業として、ITソリューションの提案、電通と共同での新規デジタル・ビジネスの企画等に従事。ブランド・バリュエーションシステムやメディア配分最適化システムなど、特にマーケティング・メディア系のシステムを中心に担当。将来的に、海外(特にアジア)でのビジネス展開、マネジメントに興味があり、幅広い分野に強いミシガン、その中でもアジアでの強固なネットワークが培えそうなGMBAを志望。

学生時代に

1年間、

UC Santa Barbaraへの留学経験あり

NB Fellowship (New!)

Full-time MBAに私費で留学する日本人向けに、当校OBが奨学金制度を設立しました。

 

詳細はこちらをご覧ください。

Sponsors

株式会社アゴス・ジャパン様
株式会社アゴス・ジャパン様
江戸義塾様
江戸義塾様
アンテロープキャリアコンサルティング株式会社様
アンテロープキャリアコンサルティング株式会社様