Class of 2014

  勤続年数 入学時年齢 現職 職種&志望動機 海外在住経験
A 6年 30歳 ソニー株式会社 ソニー株式会社で営業を2年、海外マーケティング・戦略を4年やっていました。主にPCとタブレットビジネスの中国エリアを担当していました。その後運良く社内公募留学に合格し、アジアやBOPに強いロスGMBAを志望しました。キャリア人生は短い中、期間が16ヶ月に圧縮されているGMBAプログラムに魅力を感じ、応募しました。 あり
B 7年 31歳 三菱商事株式会社 商品は違えど、入社以来一貫して輸出業務(いわゆる伝統的な商社ビジネス)に携わってきました。今後のキャリア(恐らくアジアの事業投資先にて経営を担当)を考えた上で経営学全般を学びたかった為MBAを、中でもゼネラルマネジメントに強いRossを、そしてアジアとの結びつきが強いGMBAを志望しました。 あり
C 6年 30歳 (日系コンサルティング) 大手IT企業で5年 勤務後、家族が営む会社にて経営コンサルティング業務に従事しました。今後は、幅広い業界・顧客に対して、訴求力のあるコンサルティングサービスを提供したいと考え、企業戦略に強いGMBAを志望しました。また、アジアでの事業立上げ・拡大のビジネスにも注力したいため、アジアセッションのあるGMBAを志望しました。 あり
D 18年 41歳 (保険) アクチュアリー(保険会社等における数理専門職)として決算・商品開発・統合リスク管理等に関する業務に従事。職責が変化する中で自分の弱みを再認識するとともに(専門外の)ハードスキルやソフトスキルを身につける必要性を痛感。一念発起してMBAを志望。期間の短さ、アジアセッション等でコア科目を集中して学べる環境、選択科目群の質・量のバランスの良さ、MAP等を通じた実践的な学びの機会等からRoss GMBAを選択。 なし
E 8年 33歳 富士通株式会社 研究所、開発、マーケティングとキャリアを変えてきました。主に携帯電話(スマホ)の商品戦略に携わってきました。今後の海外展開を見据えてスキルアップが必要と考えMBAを取ることにしました。Rossを選んだ理由はcollaborativeなcultureとMAP(Action Learning based)に魅力を感じたこと。その中でGMBAを選んだのは、コアクラスで少人数の密な関係を作れるのと、エレクティブで大規模なRossコミュニティに参加できる両方を経験できるため。後はアジアが好きだから。 あり
F 11年 35歳 INPEX CORPORATION 海外の石油開発プロジェクト(中央アジア、中東、北南米)を7年間担当した後、秘書室にてトップマネジメントのサポートを行ってきた。会社の中長期的なビジョンや、今後の自身の課題が見えてくる中、MBA留学を通じて経営学の専門知識を集中的に習得することを決意。Ross GMBAを選んだのは、卒業生や学校関係者等、「人」との相性。 あり
G 16年 41歳 (製薬) 医薬品の製造/品質管理業務に従事後(9年間)、主にアジア諸国の医薬品の登録申請業務を担当してきました。将来的に弊社の海外事業会社(特に新興国)の責任者として働きたいと思い、その為のスキルアップとしてMBAを志望しました。GMBA志望理由は短期プログラム、年齢層高め、アジアでの人脈強化等です。 あり
H 4年 31歳 (電機) 前職は銀行、インフラメーカー。現電機メーカーでは国内事業の決算総括・事業計画担当。将来的にコーポレートファイナンスに従事したく、MBAを志望。社内のアルムナイからの推薦および、スポンサー企業のガイドラインにて最長の留学期間が得られるのがロスだったこともあり、Ross GMBAを選ぶ。 あり
I 15年 38歳 (銀行) 前職外資系投資ファンドと合算すると再生・ディストレス系債権投資のプライシングに12年従事。マーケット変調に耐え得る普遍的なファイナンススキルをアップデートすることに加え、近年アソシエートを率いる立場になったことに伴うチームマネジメント・リーダーシップのソフトスキルの向上の必要性を感じ、MBAを志望。プログラム期間、家族にとっての環境を考慮し、Ross GMBAを選ぶ。 なし
J 10年 33歳 リブコンサルティング 日系大手コンサル会社に約8年勤務した後、当時の仲間達と共に、コンサル会社を立ち上げて、現在はそこで働いています。自社は、中堅・中小企業に特化したコンサルティングを行っており、私自身は主に、住宅・不動産業界のコンサルティングを行っていました。会社のミッションである、「日本初のグローバルコンサルティング会社」を実現するために、海外展開の責任者となるべく、MBAに派遣されました。ROSS GMBAを選んだのは、”短期集中”と”クラスメートの勤務年数の長さ”と”アジアフォーカス”です。 あり
K 6年 29歳 (電機) 知的財産権部門にて、主に権利取得業務と他社知財リスク対策に従事。留学後は自社技術を梃にビジネスと強化するため、MBAでは主にマーケティングやストラテジーを中心に学習。MAP等の実践プログラムも充実しているRossGMBAを選択。 あり
L 5年 30歳 (製造業) 情報学修士取得後、大手メーカーのR&Dに三年間勤務し、家族の営むエアポンプの製造業に戻りました。技術者としての経験しかないため、ビジネスのあり方を体系的に学べるMBAはとても魅力的です。現状では売り上げの半分は海外からで、今後より多くの国と取引するためにストラテジー、マーケティングの知識を増やしていきたいと考えています。 なし

NB Fellowship (New!)

Full-time MBAに私費で留学する日本人向けに、当校OBが奨学金制度を設立しました。

 

詳細はこちらをご覧ください。

Sponsors

株式会社アゴス・ジャパン様
株式会社アゴス・ジャパン様
江戸義塾様
江戸義塾様
アンテロープキャリアコンサルティング株式会社様
アンテロープキャリアコンサルティング株式会社様